Shadow Piece(2020)
- a short documentary film about Mieko Shiomi - 

Directed by Minami Goto
Produced by jwcm​​​​​​​
「ジェンダーについて、正直に言って考えたことがないんです。」
1960年代に世界的な前衛芸術運動「フルクサス」に加わり、現在も創作活動を続けるアーティスト塩見允枝子(b.1938)さんは業界のジェンダー差別をどう見てきたのか。問いかけると、「考えたことがない」という。

音楽やコラージュ作品、パフォーマンスまで、多岐にわたり作品を手掛ける塩見さん。岡山出身で、東京藝術大学卒業後に20代半ばで渡米して芸術を学んだ。フェミニズム運動が盛んだった1960年代のニューヨーク。ただ、塩見さんは「(フェミニズム運動に)私はかかわりはない」という。
「女の子が不利だって感じたことは一度もない。アートには男も女もないと思います」。

他方でジョージ・マチューナスやアリソン・ノールズら著名なアーティストとコラボし、前衛作品を次々と発表。帰国後も前衛アートの一線で創作を続けてきた。

しかし1970年、作品の発表が途切れる。結婚したためだ。塩見さんはこう思い返す。
「昔はそういう時代だったんですよ。女の子はみんなね、25歳をすぎたら『行き遅れ』、30歳で『オールドミス』って言われていたの。私は(大学時代の)クラスの女の子11人のうちで(結婚は)最後だった」

そこで彼女が作り始めた作品とは?世界的な「女性アーティスト」の半生をたどる。
...................

塩見允枝子
SHIOMI Mieko
1938年岡山市生まれ。東京藝術大学楽理科在学中に小杉武久らと実験的音楽集団「グループ・音楽」を結成。64年に渡米して芸術運動フルクサスに参加し、翌年⟪スペイシャル・ポエム⟫シリーズを開始。70年に大阪へ移住してからは、パフォーマンス性のある室内楽を多数作曲。その活動は作曲、パフォーマンス、視覚作品の制作など多岐にわたり、MOMA等の複数の国際機関で作品が保管されている。

【ギャラリーときの忘れ物】塩見允枝子アーティストページ
【京都市立芸術大学芸術資源研究センター】塩見允枝子オーラルヒストリー

©︎Takuma Uematsu

...................
♦︎クレジット♦︎

出演:塩見允枝子吉良智子橋本梓野営地の皆さん
音楽提供:塩見允枝子
監督・編集:後藤美波
撮影監督:藤井光
製作:jwcm/森下周子、山根明季子
追加撮影・色彩補正:韓東均
整音:浦真一郎

...................
♦︎Credit♦︎

Starring: Mieko Shiomi, Tomoko Kira, Azusa Hashimoto, Yaeichi
Directed and Edited by Minami Goto
Produced by Chikako Morshita, Akiko Yamane
Cinematographer Hikaru Fujii
Music by Mieko Shiomi
In Association with jwcm
Supported by Yahoo! Japan Creators Program

【監督 | Director】
後藤美波 (GOTO Minami)
静岡県出身の映画監督。東京大学文学部を卒業後、米国コロンビア大学大学院フィルムスクールで映画制作を学ぶ。短編映画企画「KIKO」でJack Larson Award for Collaboration、短編脚本「ブレイカーズ(旧題:椅子と机とコンクリート)」でavex digital AWARDを受賞。京都フィルムメーカーズラボ2020、プチョン国際ファンタスティック映画祭のワークショップ Fantastic Film School 2020に参加。現在は東京・静岡・京都をベースに活動。https://minamigoto.com/

Japanese filmmaker Minami Goto is obtained an MFA degree at Columbia University in the City of New York on scholarships. She holds a BA in Art History from the University of Tokyo where she produced a series of film screenings and events. Minami is a recipient of the Avex Digital Award (the best award at the script and pitch competition at Short Shorts Film Festival & Asia) and Jack Larson Award for Collaboration. She is also an alumna of Fantastic Film School 2020 at Bucheon International Fantastic Film Festival and Kyoto Filmmakers Lab 2020. Minami is now based in Tokyo, Kyoto, and Shizuoka. https://minamigoto.com/
【プロデュース | Produce】
現代音楽作曲家によるリサーチコレクティブ。現コアメンバーは牛島安希子、森下周子、山根明季子、渡辺愛、渡辺裕紀子。「ジェンダー」「フリーランス」「国籍やエスニシティ」「キャリアと結婚」など音楽家を取り巻く環境や変化について話し合う。2018年8月開催の「中堅女性作曲家サミット」を期に集まり、2019年6月に正式発足。https://jwcm.site

The JWCM is a research collective of contemporary music composers. The current core members are Akiko Ushijima, Chikako Morishita, Akiko Yamane, Ai Watanabe and Yukiko Watanabe. They discuss the environments and social changes involving musicians, with topics such as "gender," "freelancing/freelance economies," "nationality/ethnicity," and "career and marriage." They first gathered at the Mid-Career Women Composers Summit in August 2018, and officially launched in June 2019. https://jwcm.site
.........................................................
PRESS ARTICLES

【中日新聞】2020年4月27日

【ギャラリーときの忘れもの】2020年04月08日