━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020.3.29
新コロナウィルス感染症の影響をうけ、「キクラボ#1」は以下の対応措置を取ります。

・4月11日→延期(7月4日を予定)
・4月12日→延期(日程協議中)
・4月18・19日→延期(7月11日を予定)

※延期詳細に関しては、こちらから。

楽しみにしてくださっていた方々に、心よりお詫び申し上げます。
なお、本件に関するお問い合わせは、<jwcm.site[at]gmail.com>までお願いいたします。
今後の予定に関しましては、HP、twitter、facebook、noteで順次お伝えいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*2019.01.18 update*
Project PPP主催のシンポジウム「中堅女性作曲家サミットvol.1」(2018年8月開催)を機に集まった8名の作曲家。2019年にはリサーチコレクティブjwcmとして独立し、シンポジウムを行ったり、オンラインサロンを開設したり、学会発表論考の出版など、さまざまな形で【聞く・聴く・訊く】を実践してきました。そんな⟪Project PPP⟫と⟪jwcm⟫というふたつの団体が合同で4月に開催する「キクラボ#1」。アートや音楽について考えて・話して・学ぶ4日間です。

1・2日目はjwcmによる実験音楽ワークショップ、EGSA Japanとのコラボシンポジウム、芸術とお金をテーマにしたレクチャーなど。さらにママパパ音楽家によるトークイベントも開催!藝大「I Love You」プロジェクト助成企画のこちらでは、プロ演奏家による音楽託児が無料でご利用いただけます(1歳以上・先着10名・完全予約制)。

3・4日目はProject PPPによるコンポジションアカデミー。ことばと音楽をテーマにした現代音楽レクチャー、異国での生活体験を語り合う「えいごカフェ」、若手作曲家のプレゼン&グループディスカッションなど。国際シーンで活躍するアーティストたちによる若手支援教育創造プログラムです。

各回定員がございます。お早めにご予約ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■日時と場所
4月11日(土)@Shibaura House
山手線/京浜東北線「田町駅」芝浦 口より徒歩7分・都営三田線/浅草線「三田駅」A4出口より徒歩10分
 [google map] [facebookイベントページ]

4月12日(日)@浦安音楽ホール
・JR京葉線/武蔵野線「新浦安」駅南口から徒歩1分

4月18(土)19日(日)@フェニックスラウンジ
東京メトロ東西線「早稲田」駅より徒歩 1分


■プログラム
4月11日
14.15-  高橋かおり「Artsと仕事とお金」(社会学ワークショップ)
16.15-  山根明季子「かわいい音とは何か・かわいいとは何か」(実験音楽ワークショップ)
18.15-  EGSA Japan x jwcm「『良い芸術』ってなに?女性作曲家が、社会学者と美術史家と話す」(シンポジウム)

4月12日  
14.00-  渡辺愛 + cielママパパ音楽家会議」(音楽託児付きトークイベント)

4月18日  
12.00-  アカデミー受講生 + 渡辺裕紀子森下周子「グループディスカッション」
16.00-  小林純生「言葉の詩と音楽の詩について〜自作を語る〜」(現代音楽レクチャー)
18.00-  えいごカフェ「『外』国人作曲家から見た外と内」(パネルディスカッション)

4月19日
10.00-  アカデミー受講生 + 渡辺裕紀子森下周子「グループディスカッション」
16.00-  作曲ワークショップ(TBA)


■チケット
4月11日
各回 2,000円
通し券 (一般) 4,000円
通し券 (26歳以下) 3,000円

4月12日
無料【要予約】

4月18・19日
アカデミー受講 10,000円
アカデミー聴講 2,000円 ※小林レクチャーとえいごカフェのみ
詳しくは [こちら] をご覧ください


■予約
※延期に合わせていったん閉鎖いたしました。延期先日時が決まり次第、改めて予約募集を行う予定です(2020.3.29記)。
ページの下にもフォームが掲載されています。
■制作
主催:jwcmProject PPP
協力:EGSA Japanciel
助成:竹村和子フェミニズム基金(中堅女性作曲家サミット【番外編】)/東京藝大「I Love You」プロジェクト(ママパパ音楽家会議)


■お問い合わせ
jwcm [女性作曲家会議] https://jwcm.site/
2018年8月開催の「中堅女性作曲家サミット」を期に集まった8名の作曲家 (牛島安希子、桑原ゆう、小出稚子、森下周子、樅山智子、山根明季子、渡辺愛、渡辺裕紀子) によるリサーチコレクティブ。Japanese Women Composers Meetingの略。

Project PPP  https://project-ppp.blogspot.com/
次世代音楽創造活動の「場」を作ることを目的に、2017年に設立されたプロジェクト・グループ。「現在進行形の音楽を形に耳に」を合言葉に、多方向からシーンの活性化を目指します。


各プログラムについて


4月11日(土)
14:15-
Shibaura House
​​​​​​​
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01 Artsと仕事とお金
高橋かおり (社会学者)

芸術家にとっての仕事/労働/遊びとは? 芸術家は職業なのか?「プロフェッショナルの芸術家」とはどういう存在なのか? 社会学の視点から、調査研究結果をもとにレクチャー&ディスカッションを行います。

高橋かおり (たかはし・かおり)  ---芸術家のあり方、プロフェッショナルとアマチュアの定義について、社会学的に研究。観劇、ライブ参戦は趣味。ラジオは友達。楽器もできず、絵も下手で、演技も踊りもできないが、舞台照明をたまにしている。​​​​​​​
16:15-
​​​​​​​
02 かわいい音とは何か・かわいいとは何か
山根明季子 (作曲家) + jwcm

かわいい音楽ってなんだろう?パフォーマンスワーク「カワイイ^_−☆ (山根明季子・作) 」で音を出し、音を聴き、体感をシェアし合う、全員参加の感覚型ワークショップ。年齢・音楽経験問いません。楽譜を読めなくても、楽器を持ってきても、手ぶらでも大丈夫です。

山根明季子 (やまね・あきこ) ---日本を拠点に現代社会における過剰な消費や幼児性を、音一音、或いは持続の質感に落とし込むことで問いかけ、探求している。​​​​​​​
18:15-
​​​​​​​
03「良い芸術」ってなに?女性作曲家が、社会学者と美術史家と話す
竹田恵子 (社会学者)、吉良智子 (美術史家)、高橋かおり (社会学者) [以上、EGSA Japan] + jwcm

何が「良い」芸術で、それは決めるのは何/誰だろう? コンペで賞を取ると良い作品? 大学の成績の方が重要?男女で違いはある? アメリカやヨーロッパでも一緒? EGSA Japanより三人の学者を招き、芸術評価やジェンダーについて山根明季子や牛島安希子らjwcmメンバーが聞く、「中堅女性作曲家サミット【番外編】」。

EGSA Japan (いーじーえすえー・じゃぱん) --- 芸術界におけるジェンダー平等を目指し、教育普及と啓発を行う団体。芸術系大学におけるジェンダー/セクシュアリティ教育の実態調査、政策提言やeラーニングのシステム構築を目指す。主宰は竹田恵子 (東京大学大学院情報学環特任准教授) 。正式名称はEducation of Gender and Sexuality for Arts Japan。  

4月12日(日)
14:00-
浦安音楽ホール
スタジオA
スタジオB
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
04 ママパパ音楽家会議
渡辺愛 (電子音楽作曲家)、渡辺裕紀子 (作曲家)、山田岳 (ギタリスト) + ciel

育児中の演奏家・作曲家が、国際社会での活動体験も交えながら、音楽と育児について語り合う!「フリーランス×アーティスト×子育て」という道なき道をいく私たちは、多様な生き方が求められる現代で、いかに自分らしく活躍できるのか? 教授も先輩も教えてくれなかった「子どもを持ちながら芸術活動をすること」のリアルを、惜しみなくさらけ出す革新的な会議です。プレママ&プレパパ大歓迎! 
 
※お子様同伴可能です。保育士資格をもつcielのメンバーが、リトミックや演奏を交えながら別室でお子さんをお預かりします。 【1歳以上・先着10名・完全予約】

渡辺愛  (わたなべ・あい)  --- 近年はフィールド・レコーディング素材を含む電子音響音楽を中心に活動。東京音楽大学大学院修了後に渡仏、パリ国立地方音楽院修了。東京芸術大学大学院博士後期課程修了 (学術博士) 。東京芸術大学総合アーカイブセンターアシスタントを経て、現在尚美学園大学、昭和音楽大学、東京芸術大学非常勤講師。三歳女児の母。娘が5ヶ月の際に職場復帰。

ciel  (しえる)  --- クラシックの演奏家によるアンサンブルグループ。生の音楽をもっと身近に楽しんでもらいたいという想いから2009年に結成。2016年より、音楽セミナーと親子コンサートをセットで行う「にじおと」を始動。

4月18日(土)
12:30-
フェニックスラウンジ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
05 作品プレゼンテーション 
アカデミー受講生 + 渡辺裕紀子 (作曲家) 、森下周子 (作曲家)

受講生による自作品プレゼンテーション後、全員で議論します。

渡辺裕紀子 (わたなべ・ゆきこ) ー長野県出身、ドイツ・ケルン在住フリーランス作曲家。桐朋学園大学を卒業後、グラーツ音楽大学、ケルン音楽大学を修了。現在は育児をしながら、現代音楽の創作・教育に携わる。日常にあるオブジェクトを使用したり、テキストや映像、パフォーマンス作品など、創作では多様性を軸にしている。Project PPPのアーティスティック・ディレクター。jwcmオリジナルメンバー。

森下周子 (もりした・ちかこ) ー 2011年よりベルリン拠点、2019年10月からパリ滞在予定。2020年にバーゼルでミュージックシアターを初演予定。パフォーマーの身体と空間の質にフォーカスした作品が多い。腹話術を取り入れるべく模索中。​​​​​​​
16:00-
06 言葉の詩と音楽の詩について〜自作を語る〜
小林純生 (作曲家、言語学者) 

国内外で活躍する音楽家を招くProject PPPのレクチャーシリーズ第二弾。言語学者でもある小林純生が、作品や自身の思想について「言葉」と「音楽」をキーワードに語ります。楽譜や音源も紹介予定。

小林純生 (こばやし・すみお) ー作曲を湯浅譲二と伊藤弘之に師事。国内外のコンクールに入賞・入選し、様々な音楽祭にも招待されている。日本大学芸術学部音楽学科助教。​​​​​​​
18:00-
07 えいごカフェ「『外』国人作曲家から見た外と内」
小林純生 (作曲家・言語学者) 森下周子 (作曲家) 、森紀明 (作曲家・サックス奏者) 、ヨハナン・ケンドラー (作曲家・ヴァイオリン奏者) 

多角度から現代音楽の状況について語り合うProject PPPのトークシリーズ。「中堅女性作曲家サミット」に続く第二弾は、外国人がテーマ。異国で生活経験のある4人の作曲家の声を聞きます。【通訳なし、英語のみ】​​​​​​​

4月19日(日)
10:00-
フェニックスラウンジ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
08 作品プレゼンテーション
アカデミー受講生 + 渡辺裕紀子 (作曲家) 、森下周子 (作曲家​​​​​​​
16:00-
09 現代音楽講座
TBA


竹田恵子
竹田恵子
EGSA Japan
EGSA Japan
吉良智子(©️長島可純)
吉良智子(©️長島可純)
山田岳
山田岳
ciel
ciel
東京藝大「I Love You」プロジェクト2020
東京藝大「I Love You」プロジェクト2020
牛島安希子
牛島安希子
ヨハナン・ケンドラー
ヨハナン・ケンドラー
小林純生
小林純生
jwcm
jwcm
森紀明
森紀明
Project PPP
Project PPP
渡辺裕紀子
渡辺裕紀子
森下周子
森下周子
高橋かおり
高橋かおり
山根明季子
山根明季子
渡辺愛
渡辺愛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メンバーのインタビュー


4月11-12&18-19日「キクラボ」 
4月&7月「EGSA Japan x jwcm



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━